「校則一揆」のススメ。くるぶしソックス禁止のルールに高校生が物申す(BuzzFeed Japan)

痛みとの決別~五十肩を自宅で改善の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

長谷川 記祥の
痛みとの決別~五十肩を自宅で改善が、
とても気になっているんですよね。

出典元:大村優太さん(左)と藤井勇陽さん

「ソックスは、くるぶしが隠れる黒色か紺色を着用すること」。靴下の指定はよくある校則の一つだ。東京都目黒区の日出高校の生徒手帳にも、このように規定されている。なぜ靴下の長さや色を自分で選べないのか。2年生の藤井勇陽さん(16)と大村優太さん(16)は疑問に思い、社会学のゼミのグループで校則について調べ始めた。【BuzzFeed Japan / 小林明子】

6人に1人が中学で「下着の色」を決められていた。“ブラック校則“実態調査でわかった9つのこと

「大阪の黒染め強要の裁判のニュースを見て、自分たちの学校にも、なぜその校則が必要なのか理由がわからず納得できないものがある、と思い当たりました」(藤井さん)

「派手な靴下は社会に出たときのマナーとしてダメだ、と指導されるのですが、それ以上の理由を聞いたことがありません」(大村さん)

2017年10月、大阪府立高校の女子生徒が、生まれつき茶色の髪を黒く染めるよう教員に強要され、精神的苦痛を受けて不登校になったとして裁判を起こした。そのニュースが、他人事とは思えなかったのだ。

どうすれば校則を変えることができるのか。2人はゼミのグループを代表して8月9日、「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」のメンバーに話を聞くことにした。不合理な学校のルールや行き過ぎた指導をなくすために2017年12月から活動している有志のプロジェクトだ。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする