ダイエットする時、おススメの昼ごはん(昼食)とは?

ダイエットする時におススメの朝ごはん(朝食)として、果物中心の食事をご紹介しました。その中で、仕事が忙しかったりすると、なかなか朝食の準備ができなかったりするので、朝ごはん(朝食)を抜くことがないようにということで、スムージーをご紹介しましたね。

今回は、引き続きで、ダイエットする時におススメの昼ごはん(昼食)のお話をしたいと思います。

昼ごはん(昼食)

普段、運動をコンスタントにできている場合は、昼はある程度カロリー摂取を意識するようにしましょう。

というのも、朝の食事はカロリーで言えば、500kcalもいっていません。ご紹介したようなスムージーの場合など、わずか20~40kcalしかいっていませんので、なおさらです。

一般的な成人の摂取カロリーの目安は、およそ1,800~2,200kcalは摂らないとエネルギー不足になり、代謝が落ちてきます。

この代謝が落ちるというのが、ダイエットには大敵なんですね。

というのも、基礎代謝が下がると・・・

● 太りやすい体質になる

● 免疫力が下がる

● 顔色が悪くなる

といった影響が出てくるからなんですね。
なので、昼だけでできれば1,000kcalは摂れるようにしていきましょう。

食事別カロリーの目安

和食の場合

メニュー カロリー メニュー カロリー
 とんかつ定食 910kcal  かつ丼 1,020kcal
 しょうが焼き定食 906kcal  天丼 880kcal
 天ぷら定食 830kcal  うな丼 794kcal
 ひれかつ定食 814kcal  親子丼 690kcal
 アジフライ定食 810kcal  鍋焼きうどん 596kcal
 鳥照焼き定食 776kcal  カレーうどん 580kcal
 ブリ照焼き定食 720kcal  とろろそば 460kcal
 サンマ塩焼き定食 645kcal  月見そば 424kcal
 鯵塩焼き定食 615kcal  きつねうどん 398kcal
 刺身定食 608kcal  ざるそば 310kcal

洋食・中華の場合

メニュー カロリー メニュー カロリー
 オムライス 843kcal  カルボナーラ 895kcal
 カツカレー 830kcal  ミートソースパスタ 720kcal
 ミックスピザ 720kcal  ナポリタン 650kcal
 エビマカロニグラタン 560kcal  たらこスパゲティ 524kcal
 レバニラ炒め定食 750kcal  チャーハン 750kcal
 麻婆豆腐定食 740kcal  中華丼 670kcal
 餃子定食 700kcal  あんかけ焼きそば 850kcal
 酢豚定食 640kcal  タンタン麺 800kcal
 味噌ラーメン 560kcal  醤油ラーメン 440kcal

夜で調整して大量に食べると、脂肪になりやすいので、むしろ夜に抑え目にするぐらいの方がちょうど良いですね。

逆に、夜、飲み会や女子会といった予定が分かっている場合は、昼を少なめにして調整するようにしましょう。

理想は、旅館の朝ごはんのような定食が最高です。

お昼ごはん(昼食)で注意すること!

サラダバーのあるお店を選びましょう。普段から行く場所ごとにサラダバーのあるお店をチェックしておくといいですね。

● 定食は和食系で、できれば焼き魚の定食がベストです。

● 白米ではなく、玄米を使っているところの方がより良いです。

● 牛丼屋さんなどでは、栄養素はかなり薄いですが、生野菜は必ず食べるようにしましょう。そして、香辛料をできるだけ多く使いましょう。

唐辛子や胡椒などの香辛料と、紅ショウガも摂る方がいいですね。

● 時間がなかったり、お金がなかったりする時以外は、ファストフード店は避けるようにしましょう。

ラーメンやおかずが揚げ物のようなものはできるだけ避け、良質でない脂の摂取はできるだけ避けるようにしましょう。

どうしても食べたい場合には、昼に食べるようにしましょう。我慢するストレスも身体によくありませんので・・・

※『良質の脂』については、別なページで説明しています。

 >>『良い油』についての説明はこちら

ところで、お昼時には、ご飯以外にも、誘惑がありますよね?
そう、『間食』です!

この『間食』についても、少しお話しておきましょう。

間食

ダイエットには大敵!という印象のある『間食』ですが、実はこの『間食』ってとっても大事なんです!

というのも、間食をすることで、

● 夜のドカ食いが防げる

● 血糖値が低下することによる、代謝低下を防ぐ

ストレスをためない

という良い面もあるからなんです。

ただし、何でも食べていいというわけではありません

『間食』でおススメのもの

● 干しイモ(茨城県産の干しイモが旨いです!)

● ミックスナッツ

● 糖質を抑えたのパン(例えばこんなのはめちゃくちゃいいです。)

(大豆パンミックス粉)

大豆パンミックス粉

● 和菓子(白砂糖を使っていないもの)

● チョコ(カカオマス50%以上のもの)

この辺りをカバンなどに入れておくと良いでしょう。

『間食』で食べてはいけないもの、避けるべきもの

● コンビニのお菓子

● 洋菓子

よく食べがちなコンビニのお菓子には、死の脂とも言われているショートニングというものが使われていることが多いので、避けるようにしましょう。

健康にも良くないですし、代謝しづらいので、脂肪にもなりやすいです。

そして、洋菓子も脂質が多く、白砂糖を使っていることが多いので、避けるようにしましょう。

白砂糖というのは、精製する段階で、硝酸や塩酸など、危険な化学薬品を使っているので、非常に危険な食品なんですね。

極力摂取を避けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする