キレイに痩せるダイエットにおススメの食品とは!?-Part2-

ダイエットにおススメの食事のメニューや食品とは!?-Part2-

発酵食品

黒酢

には、ダイエットだけではなく、冷え症改善便秘解消美肌作りなど、美容と健康に嬉しい効果がある食品として知られています。

お酢には、体内に取り込んだ栄養分のエネルギー代謝を促進させ、必要以上に栄養成分を吸収するのを抑えたり、カロリーを溜め込む体質を改善していく効果があります。

また、お酢に含まれるアミノ酸は、新陳代謝を活発にすると同時に、脂肪を分解する働きをする酵素リパーゼを活性化させるので、お酢を摂った後に、有酸素運動をすると、脂肪燃焼の効率が上がります。

さらに、肥満の原因の1つである、悪玉コレステロールを分解する働きもします。

一方、調味料にお酢を加えると、塩味を強く感じるため、減塩効果も期待できますから、塩分の摂り過ぎによる血圧上昇むくみの改善にも役立ちます。

そんなお酢には、バナナ酢、リンゴ酢、黒酢など、さまざまな種類がありますので、その中でも特にアミノ酸が豊富に含まれている『黒酢』『香酢』『もろみ酢』は、ダイエット効果が高いと言えます。

その中でも最も身近に手に入れやすいのが『黒酢』ですので、キレイに痩せるダイエットを目指す上では、積極的に摂り入れたい食品ですね。

キムチ・漬物

国の代表的な発酵食品である『キムチ』ですが、キムチには、人の腸内環境を整える働きをするプロバイオティクスという微生物が含まれています。

そのため、キムチを摂ることで、腸内の乳酸菌やビフィズス菌を増加させるなど、免疫力の維持や生活習慣の予防につながります。

また、キムチに使われている代表的な野菜は、白菜・大根・きゅうりなどになりますが、これらの野菜はセルロースなどの食物繊を大量に含んでいますので、発酵させることにより、これらの野菜の持つ食物繊維をまるごと摂ることができるんです。

その点においては、日本の『漬物』も同じように、野菜を使った発酵食品になりますので、キムチ同様、プロバイオティクスや食物繊維を豊富に含んでいます。

特にキムチの場合、原料である唐辛子に含まれるカプサイシンに脂肪燃焼効果があり、ダイエットに効果的と言われていますが、実際のところはやや疑問を感じます。

というのも、製法によりカプサイシンの含有量は異なりますが、ダイエット効果を期待するのであれば、グラム単位ではなく、キロ単位でキムチを食べないとダイエットは不可能とされているからです。

ですから、キムチの場合、乳酸菌や食物繊維を大量に含んでいることから、腸をキレイに掃除してくれ、免疫力アップにも役立つことから、風邪などにかかりにくくなり、体調も良くなるということで活用した方がいいと考えられます。

漬物の場合も、腸内環境を整えてくれるため、便秘の解消下痢の予防ガンや糖尿病の予防といった効果が期待されるんですが、スーパーなどに売っているキムチや漬物は、添加物が多めですので、できれば自家製を食べられるとなお良いですね。

『発酵食品』を毎日手軽に摂るには?

これまで、キレイに痩せるダイエットに効果的な食品として、『納豆』『味噌』『黒酢』『キムチ・漬物』をご紹介してきましたが、他にも『サワークラウト』『塩麹』『かつお節』『甘酒』などの『発酵食品』もダイエットには有効です。

しかし、実際のところ、前回お話した食品添加物の問題や、毎日摂取するのが難しいといった問題があるのも事実です。

では、これらの『発酵食品』を手軽に毎日摂取するためにはどうしたらよいのでしょうか?

ちょっと長くなったので、この続きはまた次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする